貸切バスを利用するシーン

貸切バスは本当に色々なシーンで利用されるようになりました。バス会社が増えた事や、他のバス会社との差別化のためにリーズナブルな料金形態になっていたり、個性的なサービス内容などを前面に打ち出しているバス会社が増えているのが利用者が増えている要因のひとつになっている事は間違いありません。

では、貸切バスを利用されている方は、一体どのようなシーンで使用しているのでしょうか。こちらのページでは、沢山の貸切バスの利用シーンから特に利用者が多いものをピックアップしてご紹介します。

貸切バスで最も多い利用方法は、やはりバス旅行です。大学のサークルであったり、会社の社員旅行などでバスを貸切バスって気心しれたメンバーだけで楽しまれる方が増えております。バスの車内には運転手やバスガイドさん以外、知らない方はいません。変に気を使わずに観光地だけでなくそこまでの道のりも楽しむ事ができます。特に車内で行われる宴会やカラオケ大会などは普段と違ったシチュエーションで楽しむ事ができますのでかなり人気となっております。

貸切バスは冠婚葬祭でも多く利用されております。地方から都市部に出てきた方は宿泊先のホテルから式場までの移動手段がありません。タクシーなどで移動する場合もありますが、お荷物が多い場合であったり、人数が多い場合にはタクシーを譲り合ったりなど色々と気苦労が絶えません。しかし、バスを貸しきってホテルから式場まで親族のみなさんで一緒に移動できるのでストレスなくスムーズに移動する事ができます。特にご親族の方の中に足が悪い方がいらっしゃるような場合には、バスでの移動がおすすめです。車いすのリフトがついているバスもあります。

学校行事などでも利用されております。社会科見学であったり、音楽会などのイベントの時に学校から会場までの交通手段としてバスを貸しきる学校が沢山あります。電車での移動と比べて先生の負担が減る上に、事件や事故に巻き込まれるリスクを減らす事が出来ますので安全面からも選ばれております。

企業研修や講演会、学会などの送迎にも使われております。最寄りの駅から会場が遠いような場合には、貸切バスを利用して参加者を運んでくれます。他にもマンションの物件見学など利用者が疲れないように移動してもらうために利用されております。学会や講演会などはご年配の方も沢山いらっしゃる場合もありますので、そういった方への配慮から選ばれる機会が急増しているのです。